総量規制と、ローンなどの借金について
総量規制を知る
総量規制がかかるまでの時代
総量規制の背景にあるもの
総量規制の理解
総量規制と知っておくべき関係
総量規制とは金融政策のひとつであり、借金を背負う消費者の破産を防ぎ、それに伴っておこる金融業者や家庭でのトラブルを回避し、健全な貸付によって経済を巧く循環させる目的で制定された法律です。総量規制とは消費者が消費者金融や信販会社から借り入れを行う借金に対して、個人の所得に適した金額しか借り入れを行ってはいけませんと定めた法律であり、個人の年収に対して3分の1までを借金の限度額と定めた法律です。
これは貸金業法という、銀行を除いた貸金業者に定められた法律であり、たとえ消費者が絶対に返せますと申し出ても、所得を基本に借入金額を定めている為、この法律を無視して限度金額を超えた貸付を行う事は認められていません。総量規制によって消費者は自由な借り入れができなくなったとされていますが、もともと所得に注意して貸付を行う事を言及されていた為、この法律による縛りができたことですら、少し遅い対応であったとの批判もあります。
総量規制の対象となるのは基本的に個人に対する貸付であり、法人や保証担保などは対象となっていません。消費者金融などの貸金業法にこの総量規制の法律が制定されたのには社会の問題と貸金業法のあいまいな法律によって場を荒らされていたからであります。もともとお金を貸す仕事は銀行や質屋の専売特許であったのに、いつの間にか消費者金融という消費差に近い立場で貸付を行う企業が次々と誕生しており、契約と返済などで消費者と企業の間でトラブルが相次いでいました。
しかし、お金を必要とする人のニーズは多様なもので、消費者金融の行う様々なサービスが貸金業のビジネスを加速させて行き、どんどんと利用者を拡大しそれと同時に被害者も増やしていきました。土壌を荒らされた銀行にとってこの事態はさらなる経済の悪化への懸念材料となり、急激にシェアを伸ばしてきた貸金業の在り方を政府が中心となって検討するようになりました。そして、消費者保護と健全な貸金業の観点から貸金業法にかかわる企業に対して総量規制という制限を定めた法律によって厳しい規制を設けることとしました。
【専業主婦の方へおすすめのサイト】 専業主婦カードローン・・・専業主婦の方は消費者金融から借りる事はできませんが、総量規制対象外の銀行ならば借りる事ができます。その貴重な銀行を紹介しているサイトです。

Copyright (C) 総量規制と、ローンなどの借金について All Rights Reserved